歯の豆知識

歯の豆知識

歯の白さや色が人によって違うのはなぜ?

歯の色には個人差があります。これは歯の質の違いによるもので、歯は、最も外側がエナメル質、その下に象牙質、象牙質の中に歯髄(神経)があります。白色のエナメル質は半透明であり、象牙質は黄色っぽい色をしています。歯が真っ白でなく黄色みを帯びているのは、象牙質の色が透けているためです。
エナメル質の色・透明度・厚さや、象牙質の色は歯によって異なります。これらの組み合わせによって歯の色が決まるので、歯の色は人それぞれ異なってきます。

 

また、歯の色が変わってしまう原因にはいくつかあり、まず一つの原因が、歯の神経が死んでしまうことによる変色です。

歯髄(神経)が死んでしまうと、歯が黒っぽくなってしまいます。大きなむし歯や歯の打撲により歯髄が死んでしまうと、歯は徐々に変色してきます。むし歯の治療で神経を取った場合にも、同じように歯の変色が生じます。
 
神経のない歯ではホワイトニングの効果が出にくい場合があります。効果が十分でない場合は、セラミックまたはプラスチックのクラウンを被せることにより白くすることが可能です。

その他の原因として、飲食物に含まれる成分が歯の表面に付着し、歯が黄ばんでしまうことがあります。赤ワインやコーヒー、お茶などの食品に含まれる色素は、歯の表面に付着して着色の原因となります。
着色による歯の変色は、歯のクリーニングにより除去し、歯を元の白さに戻すことが可能です(歯の内側から変色している場合には、クリーニングでは白くできません)。

また、タバコに含まれている成分によって、歯が黄ばんでしまうこともあります。クリーニングによって除去することはできますが、喫煙は歯肉の黒ずみや歯周病リスクの増加など、口の中の健康にも悪影響を及ぼすため、禁煙することが望ましいです。

 

テレビや映画で見るハリウッドスタ-の白い歯に憧れる人も多いと思いますが、日本人と欧米人では、歯の質に違いがあります。日本人の歯はエナメル質が薄いため、もともと歯の色が欧米人の歯に比べて黄色みを帯びている傾向があります。そのため、欧米人ほどの白さにするためには、クリーニングだけではなくホワイトニングも必要になることが多いです。

ホワイトニングを行うことで、もともとの歯の色より白くすることはできますが、ホワイトニングの効果には限界があり、真っ白にはならないこともあります。
さらに白くしたい場合には、セラミックのクラウンを被せることで、希望の白さにすることが可能です。

まめ.jpg

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【患者さんのお口の相談をお受けします。】

発泡剤入りの歯磨き粉を使えば、歯磨き時間は短くていいの?

まず、発泡剤の働きをご説明します。

発泡剤の機能は、口腔内にフッ素など歯磨剤の成分を分散させて、その成分の機能を発揮しやすくし、さらに歯磨き中の液ダレを防ぎ、快適に使用することです。

この機能のおかげで、例えばフッ化物を口腔内に行き渡らせることができ、再石灰化現象が促進しやすくなります。

更に、発泡剤が配合させていることにより、歯磨剤の使用量が少なくても効果的にプラ-クを除去でき、プラ-クの再付着も抑えられることが分かっています。

この様に、発泡剤の機能は歯磨剤の効能を高めてくれる有効な成分ですが、だからと言って、歯磨きを手を抜いて行なっては、十分なブラッシング効果は得られません。

プラ-ク除去のためには十分で丁寧なブラッシング、そのブラッシングに歯磨剤をプラスすることでより効果を高めることができるとお考え下さい。

 

歯磨きは、回数よりも、時間をかけて丹念に磨くことが大切です。特に歯周病の改善には歯に付着している歯垢の減らすプラークコントロールと同時に歯の歯茎のマッサージを丁寧に行うことが重要になるのです。

 

歯磨剤の使用量としての目安は、歯ブラシの先端に小豆粒くらいの大きさ。お子様であれば、もっと少なくても構いません。あまり多く使用すると、歯磨剤の中の研磨成分で、歯の表面が削られすぎてしまい、知覚過敏の原因になってしまいます。

 

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【お子様のお口の相談もお受けします。】

 

事故で歯が抜けてしまった時、どうすればいいの?

子どもの歯は、歯を支えている骨がやわらかい状態のため、ぶつけて強い衝撃がかかると歯が抜け落ちてしまうこともあります。思いもよらず転んだり、事故でボールにぶつかって歯が欠けたり、折れたりすることはとても残念な状況です。また、事故でグラついた歯がしばらくして抜け落ちてしまうリスクもあります。そんなトラブルがおきた際は、大急ぎで抜け落ちた歯を探し、できるだけ30分以内に歯科医院に持って行きましょう。折れた歯は、そのままくっつくことができる可能性があり、抜け落ちた歯は、もう一度生かせるチャンスがあります。

 

抜け落ちた歯は歯科医院に行くまでに、乾燥させないようにしておくことが大切です。歯の乾燥を防ぐには、歯牙保存液(必要な場合は、学校歯科医・嘱託歯科医または近隣の歯科医院へお問い合わせください。)、無い場合は、牛乳の中に歯を入れて浸します。歯根(歯ぐきに埋まっていた根の部分)は触らないようにして歯牙保存液、または牛乳に入れてください。冷たい牛乳は、歯の保存液代わりとなる役目をします。

保存できる時間は短くなりますが、お口の中に戻した状態で保存することも可能です。くれぐれも、ティッシュぺーパーやハンカチに包んで持っていくことはしないようにしましょう。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【お子様のお口に関する相談もお受けします。】

フッ素って何?体に悪くないの?

フッ素は広く自然界に分布しています。地殻中に多く含まれたフッ素が地下水、河川の水、海水に溶け出しています。食物中にもフッ素は含まれていますが、フッ素含有量の特に多い食物として、 お茶、ワカメ、海苔、海草類、魚介類などがあります。食物から体に取り込まれたフッ素は主に硬組織〔歯や骨〕に蓄積されます。
フッ素が虫歯予防に有効と考えられた根拠は、アメリカで1945年 から1947 年にかけていくつかの都市で水道水にフッ化物を添加した結果、学童の虫歯数が減少し、全身状態の異常などの副作用が見られないという好成績をおさめたことによります。その後アメリカでは水道水にフッ素が含まれることが一般化されすでに50年が経過しており高い予防効果が確 認されています。日本では反対派の意見により、水道水にフッ素が含まれていません。そのため他の方法で補っていく必要があります。その中で一番受け入れやすく簡単なのが歯磨剤です。 フッ素はなぜ虫歯予防に有効なのでしょうか?歯の生え始めの頃は一番フッ素が吸収されやすく、 永久歯への生え替わりの時期にフッ素を取り組むことによって歯質の強化、再石灰化の促進、虫歯の進行を阻止します。大人でも歯周病により骨が吸収され歯肉が下がると、歯の根が見えてきます。 ここはエナメル質のように固くできていないため、虫歯になりやすい部分です。ここにもフッ素は 有効に働きます。子供ばかりではなくフッ素は大人にも有効ですので、是非多くの方にフッ素入り歯磨剤を使用していただきたいと思います。

 

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【お子様のお口の相談もお受けします。】

 

口臭の原因と予防とは?

一口に口臭と言っても原因はさまざまです。

口臭が気になる方は、下記の原因をご覧になり、一つ一つ心当たりをチェックして下さい。

また、原因に対する対処の方法も参考にして下さい。

 

1. お口の中に、大きな虫歯の穴が開いていたり、歯と歯の間に食べ物が詰まる場合

穴に詰まった食べ物が、腐って嫌な臭いを発します。すぐに、歯医者さんに行って治療を受けて下さい。

 

2.お口の中の衛生状態が悪い(歯周病等の)場合

お口の中が不潔だと、磨き残した食べカスが細菌に分解されて発酵し、やがて嫌な臭いがするようになります。

また、既に歯周病に感染している場合は、歯ぐきが化膿して膿を持つので、さらに嫌な臭いとなります。

すぐに対処しないとなかなか臭いを防ぐことが出来なくなりますので、一刻も早く歯科医院で治療をお受け下さい。

 

3.唾液(つば)が少ない、(鼻を使わず)口だけで息をしている場合(特に夏場)

お口の中が乾燥し、お口の清掃状態が悪いと、かなりきつい臭いがします。

お口を清潔に保ち、鼻で呼吸をするよう心がけて下さい。

また、唾の分泌量は精神的な影響を受けやすいので、出来るだけ気持ちをリラックスさせて下さい。乾燥に気付いたら、マメに歯磨きをしたり、水や臭い消しでお口に潤いを与えて下さい。それでも、お口の乾燥が続くようでしたら、歯科医にご相談下さい。

 

4.ホルモン バランスが崩れた場合( 月経前・妊娠など)

身体はホルモンの働きで常に一定のバランスを保っています。(恒常性と言います。)

しかし、女性の場合、月経前や妊娠によってホルモンのバランスが大きく変化するため、体調を崩したり、身体の抵抗力が落ちたりします。その時、お口の中の細菌数が一気に増加するので、口臭がきつくなってしまいます。

予防法として、その時期は普段以上に歯磨きの回数を増やすとともに、殺菌作用の有るうがい薬や、フッ素やキシリトールを利用した積極的な細菌対策を行って下さい。また、体調が悪いときは婦人科を受診し早期の回復に努めて下さい。

 

5.栄養不足( ビタミン不足・ダイエット中等)

食事のバランスが悪かったり、無理なダイエットを行うと身体の抵抗力が衰え、お口の中の細菌数が急増します。その結果、口臭がきつくなったり、歯ぐきに炎症が起こったりします。マメな歯磨きと殺菌作用の有るうがい薬を使って、お口を清潔に保つと共に、バランスの取れた食事をして身体の抵抗力を回復させて下さい。特に、ビタミンCを摂って下さい。

 

6.糖尿病に罹ってしまわれた場合

糖尿病にかかってしまうと、食べものをエネルギーに変換する際に支障が生じるため、 充分なエネルギーを得ることが出来無くなります。       

その結果、身体の抵抗力が低下し、お口の中で細菌の増加を許してしまいます。( 身体に出来た傷口も、すぐに細菌感染を起こして化膿してしまいます。)細菌の数が増加するに従って口臭もきつくなりますが、それだけではなく容易に歯周病 に移行して行きます。ですから、糖尿病治療を行いながら、お口の中を常に清潔にする位の注意が必要です。

毎食後と就寝前には、きっちりと歯磨きをし、歯磨き後に殺菌作用の有るうがい薬を毎回お使い下さい。また、マメに歯科医医院に定期健診に通って下さい。(毎月一回のペースで!)

 

7.血液疾患やガンにかかってしまった場合 

次のような血液疾患にかかってしまった場合は、、歯ぐきから自然に出血したり、歯ぐきが壊死(死ぬこと)や壊疸(腐ること)を起こすので、口臭がかなりきつくなります。これらの症状を起こす疾患は、貧血、血友病、血小板減少性紫班病、白血病、ガン(特に舌ガン、上顎洞ガン、など)が有ります。気になる方は、すぐに内科や歯科を受診して下さい。また、残念にも既にかかってしまわれた方は、医科の先生と連携を取りながら歯科を受診なさって下さい。

 

8.加齢

加齢と共に体臭がきつくなりますが、それと同様口臭も変化して行きます。

赤ちゃんの口臭はどちらかと言えば甘く、臭いを嗅いでも人に不快感を与えません。

しかし、年齢を重ねるに従って口臭は変化し、しかもきつく成ってきて、40歳を越える頃にはかなり不快感を増してくるように成ります。また、入れ歯をご使用の方では、お手入れが悪いと入れ歯に細菌が繁殖して(入れ歯には血液が通っていませんから細菌に対する抵抗力は備わっていません)きつく臭います。

ですからそのことを自覚し、日頃から、若いとき以上にお口のお手入れに励んで下さい。そうしないと、お口の細菌が原因のリュウマチや泌尿器系の疾患を患ってしまうことが有ります、充分ご注意下さい。

お手入れの方法は、通常の歯磨きおよび、殺菌作用の有るうがい薬でのお口の消毒以外に、入れ歯の洗浄(週に何度かは入れ歯洗浄剤をお使い下さい)と消毒(うがい薬でも可です)を行って下さい。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【患者さんのお口の相談をお受けします。】

妊娠中、レントゲン撮影しても大丈夫?

妊娠中のレントゲン撮影で気をつけた方がいいのは、妊娠3~15週頃。しかし、歯科医院で行われるレントゲン撮影では、お腹の赤ちゃんにエックス線が直接あたるわけではありませんし、鉛エプロンを着用することによって赤ちゃんは防護されます。レントゲン撮影をしなくては、適切な治療が進められない場合もありますから、妊娠中であることを伝えたうえで、歯科医の判断を仰ぐのがよいでしょう。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんの定期検診もお受けします。】

赤ちゃんの歯のためにどんな食品でカルシウムをとったらいい?

日々の生活の中で無理せず、料理の中で取り入れる工夫をするといいです。牛乳以外にもヨーグルトやチーズなどの加工品にもカルシウムは含まれていますし、小魚や小松菜、切り干し大根は、カルシウムを豊富に含んだ食品です。
また、豆腐や凍り豆腐、納豆などの大豆製品はカルシウムを多く含み、さらにタンパク質源としてもすぐれた食品です。
野菜やくだもの、魚、肉、穀物などをバランスよく食べて、カルシウムだけでなく必要な栄養素をしっかり摂るよう心がけましょう。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんのお口の相談もお受けします。】

おなかの中の赤ちゃんの乳歯が丈夫になる食事って?

赤ちゃんの歯の元となる歯胚(しはい)は、妊娠初期から作られます。その歯胚が固く丈夫になるのが妊娠4ヵ月目頃から。永久歯の歯胚の一部もこの時期に作り始められます。歯の基質を作るために必要なのは、良質のタンパク質。乳製品や豆腐、卵、魚などに多く含まれます。ですが、タンパク質だけでは丈夫な歯はできません。歯の石灰化にはカルシウムやリンが必要であり、エナメル質にはビタミンA、象牙質にはビタミンCが必要です。
また、カルシウムの代謝や石灰化を調整する役割を担うビタミンDも大切。ですから、これさえ摂っていれば丈夫な歯になるという栄養素があるわけではなく、様々な食品をバランスよく食べることが望ましいと言えます。

 

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんのお口の予防もお受けします。】

 

 

 

親の虫歯が多いと、子どもも虫歯になりやすい?

生まれたばかりの赤ちゃんの口には、ムシ歯の原因菌である細菌(ミュータンス菌)はいません。パパやママなどが使ったスプーンで赤ちゃんに食べさせたり、またキスしたりすることによって、ミュータンス菌が赤ちゃんにうつってしまいます。
ただ、親子のスキンシップはとても大切ですから、両親が口の中をいつもキレイにすることで、細菌(ミュータンス菌)が赤ちゃんにうつるのを最小限に抑えられます。まずは、妊娠したらご夫婦で歯科健診を受けることをお奨めします。妊娠初期は治療出来ない場合もありますが、上手な歯磨きの方法などの適切なアドバイスがもらえますし、はのクリ-ニングも可能であればできます。いつも清潔にしていれば、細菌(ミュータンス菌)が極端に増えることはありません。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんのお口の診察もお受けします。】

 

子どもの歯磨剤使用後はどうすればいいの?

以前はうがいのできない2歳以下の乳幼児の場合、フッ化物配合の有無にかかわらず歯磨剤の使用は推奨されていませんでした。フッ化物の応用に関して大きな見直しがされ、虫歯予防のために、歯の萌出直後からのフッ化物使用が望ましいとされました。仕上げ磨きの時に「フッ化物イオン濃度500ppm」のフッ化物配合歯磨剤を「(子どもの)切った爪程度」歯ブラシにのせて歯を磨きます。この量は、毎日飲み込んだとしても副作用に関しては問題ない量とはいえ、本来飲む食品ではないので、泡なども含め歯面や口腔内に残っているものはガーゼなどで拭きとってください。ただし、水などを飲ませたり、うがいさせたりはしないでください。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【お子様の歯科治療もお受けします。】

 

妊娠中のお口のケアのポイント

まず、無理をせずできる範囲でお口のケアをしましょう。妊娠すると、食生活が不規則になって口腔内環境が悪化しがちなうえ、唾液の変化、体調の変化、つわりなどでいつも通りのブラッシングができにくいものです。そんなときは、むりをせず、できる範囲でいいので、お口のケアに努めましょう。歯磨きは、気分のいいときにササッと行えるように、洗面所だけでなくリビングやキッチンなど目につく場所に自分用の歯ブラシを置いておき、出来そうなときに磨くのもおすすめです。キシリト-ルガムやタブレットもどのタイミングでもいいので摂取することで、プラ-クの粘着性を低めたり、唾液の分泌が増えて歯の再石灰化を促進する効果などが期待できます。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんのお口のケアもお受けします。】

歯周病と早産の関係性について

歯周病にかかっている妊婦さんは、かかっていない妊婦さんに比べ、早産や低体重児出産のリスクが5~7倍に膨らむと言われています。母子健康手帳の「妊娠中と産後の歯の状態」にも「歯周病は早産等の原因となることがあるので注意しましょう」と明記されています。妊娠中の歯周病は赤ちゃんに影響することを知っておきましょう。妊娠中でも、歯周病の治療をしていけば、炎症を減らすことができ、リスクを軽減することができます。ぜひ、ご自身はもちろん、赤ちゃんのためにも積極的に治療しましょう。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんの歯科治療もお受けします。】

妊娠時のお口の中の変化について

妊娠すると、さまざまな変化が体に現れますが、それに伴いお口の中も変化します。嘔吐を伴う「つわり」や、嗜好の変化により唾液のpHが酸性に傾き、歯のエナメル質が弱くなる可能性もあります。その他、食事回数が増えたり不規則になったりして、歯磨きが困難になる方も多数いらっしゃいます。妊婦さんには、唾液の分泌量が減って口の中がネバネバすると感じる方がいる一方、唾液の分泌が多すぎて気持ち悪くなる方もいます。また唾液のはたらき自体が低下するため、お口の中にプラ-クが停滞し、虫歯が発生・進行しやすくなります。さらに、歯茎が腫れたり出血しやすくなったりなど、歯茎の炎症(歯肉炎)が起きやすくなる他、免疫力が低下するため、口内炎や口角びらんなども起こしやすくなります。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【妊婦さんの歯科治療もお受けします。】

赤ちゃんの歯はいつごろから作られるの?

赤ちゃんの歯は妊娠の自覚があまりない、妊娠7週ごろから形成が始まります。

この時期に作られるのは歯の細胞の塊で乳歯の基となる「歯胚」とよばれるものです。

4か月を過ぎたころには、だんだんと硬くなりはじめ、歯らしい形になっていきます。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【出産前後の妊婦さんの歯科治療もお受けします。】

シーラントって何?

生えたての乳歯や永久歯の奥歯の噛み合せにある溝をプラスチックやセメントで埋め、事前に虫歯を予防する処置のことをいいます。小窩裂溝予防填塞[しょうかれっこうよぼうてんそく]やフィッシャー・シーラントともいいます。

生えて間もない歯はきちんと掃除ができないため、毎日歯を磨いていたとしても虫歯になってしまうことがあります。

シーラントはこのような事態を防ぐために、プラスチックやセメントで奥歯の溝を埋めて、物理的にお口の環境を改善する方法です。乳歯や永久歯が生えてから34年までの間に、奥歯の溝が深い(または、複雑な形をしている)子どもが受けると効果的であるとされています。シーラントが適応かどうかについては、かかりつけの歯科で相談しましょう。

 

 

 

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【お子様の歯科治療もお受けします。】

 

赤ちゃんの虫歯菌はお母さんから伝わる?

虫歯菌(ミュータンス菌)は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。ところが、奥歯が生える1歳6か月頃になると、周りの大人の唾液を通してミュ-タンス菌が赤ちゃんに伝播することが分かっています。世界的にみても、もっとも身近な母親からの感染が最も多いので、赤ちゃんのためにも、あらかじめお母さんのミュ-タンス菌を減らしておくことが大切です。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【育児中の患者様の歯科治療もお受けします。】

CTの話

最近CTを導入する歯科医院が増えています。それは、レントゲンでは分からない歯と神経の位置関係や、肉眼ではわかりくい根の形の把握、また歯が割れている線もわかる時もあります。現在のCTはかなり精度もよく、被ばく量も低線量となっています。安心・確実な医療を行うため、CTの良さを患者様皆様に知っていただきたいと思います。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【CT撮影をし、更に的確な診断をします。】

 

なぜ神経を抜く治療はたくさん回数がかかるの?

歯の神経を抜く治療、一度治療したけれども根の先に病気ができ、再度根の治療が必要になる場合があります。根の治療ですが、前歯は根の形が比較的単純ですが、奥歯は根が2~4本に分かれている場合があります。1回の治療ではなかなか取り切れなかったり、薬剤が浸透しない場合があります。そこで数回にわけて根気よく治療する必要があります。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【丁寧に神経の治療をし、歯を長持ちさせるように致します。】

 

 

口内炎が治らない?

一カ月前に舌を噛んでからなかなか治らない...そんな症状はありませんか?1ヵ月以上治らない口内炎も確かにあります。しかしそれは本当に口内炎でしょうか? お口の中の病気は口内炎だけではありません。扁平苔癬という病気や、帯状疱疹もお口の中にあらわれることがあります。1番怖いのはいわゆる「がん」です。お口の中では、舌、はぐき、頬粘膜、口唇に出来ることがあります。気になる症状があれば、まずはお近くの歯科を受診してください。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【口腔ガンの早期発見にも力をいれてます。】

 

ポリリン酸ホワイトニング

ポリリン酸は着色物を除去する作用があり、その効果に注目して最近歯のホワイトニングにも使用されるようになりました。一般的にはポリリン酸ナトリウムを含んだジェルを歯に塗布した後にライトを照射する方法をとります。またポリリン酸ホワイトニングには大きく分けて歯科医院でおこなうものとエステティックサロンでおこなうものの2種類あります。

最近10分1000円ホワイトニングというお店の広告を目にすることがありますが、これを私はやったことがあります。私の個人的な感想ですが、歯の表面はキレイになりますが、中の色まではイマイチ白くならないという感じでした。ですので、この化粧品であるポリリン酸と医薬品であるホワイトニング剤の両方を使用するととても良いと思いました。

戸田市/歯学博士・専門医のいる歯医者さん

戸田公園インプラントセンター だいご歯科クリニックでは

【ホワイトニングを使用して歯をキレイにします。】

月別アーカイブ

action mail